3月6日、第1回校正教室を開催いたしましたので、ここにご報告いたします。

今回の参加者は江戸川区外の方2名を含む3名とそのお子様2名(1歳と2歳)。
講師はビッグ・マムのスタッフであり、校正暦4年のワタクシが務めさせていただきました。
 さて、当日は前回のお茶会体験講座に続いて、朝からあいにくの雨。(スタッフにもしや強烈な雨女が・・!?) しかも、かなりの雨足。遠方からバスで来られる方がいて、心配だったのですが、申し込みをいただいた方全員にお集まりいただくことができました。ママたちの目の届く同室で、スタッフがお子様たちの託児を開始。お子さんたちも初めての場所に最初はとまどった様子でしたが、すぐにおもちゃで遊び始めてくれました。

 まずは、参加者の自己紹介。ホームページを自分で作成されていて、自分の文章を直したいという方、雑誌のライターをされていて、校正に興味をもたれた方、本を読むのが大好きという方――。みなさんのそれぞれの動機を伺って、少しでもこの講座がお役に立てればと思いつつ、レッスンをスタートさせていただきました。

  テキストはビッグ・マムオリジナル。本講座のために校正経験のある2名のスタッフで練り上げたものです。初心者の方でもわかりやすいこと、校正記号だけでなく、編集・印刷の流れなどについて、経験者でないとわからないような点を解説することに主眼をおいて編集したものです。

  今回、初めての講師役ということで、ワタクシも最初は緊張していたのですが、説明のたびに参加者のみなさんから「そうだったんですか〜」「知らなかった〜」などととてもいいリアクションをいただき、徐々にリラックスして楽しく進めていくことができました。
 また、DTPデザイナーであるスタッフに「イラストレーター」というソフトの画面を実際に開いての解説を挟んでもらうことで、テキストだけでは学びにくい点を絡めて進行いたしました。途中、みなさん、漢字好きという共通点で盛り上がったり、日本語の難しさについて話が弾んだりと和気藹々とした雰囲気のなか、無事2時間の講座を終えることができました。

  その後は恒例のランチ会。校正や育児という共通項でおしゃべりに花が咲きました。
初めての講座ということで至らない点も多々あったことと思いますが、参加者のみなさまに喜んでいただけたようで、嬉しく思っております。
▲託児スタッフに遊んでもらい、ご機嫌なお子さんたち
▲ みなさん、真剣な表情!
<ビッグ・マム オリジナルテキスト目次>
1. 校正とは
2. 表記統一について
3. 校正記号
4. 校正見本
5. 編集の流れ
6. 校正の流れ
7. 印刷・デザイン関係の用語
8. 校正用語
9. テスト
10. 参考
11. 練習問題
<参加者の感想>
◆校正の講座は、順序だった説明とレジュメのおかげで、概要を知るのにとてもわかりやすいものでした。校正と校閲の違いから、校正記号などの基本的なことが学べてためになりました。ダーシと音引きの違いなど、見落としがちな部分、こんなところも見るんだ!ということを知って、校正ってやればやるほど奥が深そうと思いました。練習問題など、もう少しできるとさらに面白かったかもしれません。
また、講座に集まったみなさんの雰囲気がとても和やかで、その場にいてとても楽しかったです。おっしゃっていたように、校正に興味をもつという時点で、なんらかの共通点があるんでしょうか。来るときはちょっと緊張していたのですが、帰る頃にはほんわかした気持ちになることができました。
◆今まで「知りたかった」「勉強したかった!」ということが、いろいろわかりました。なんだかスッキリ。子どもも楽しく遊ばせてもらいながら、私も勉強できてとても充実した時間が過ごせました。本当にありがとうございました。
◆楽しく参加させていただきました。校正の難しさや具体的な校正の仕方など、広い範囲で伝わってきました。ホームページの作成の仕方や、画像の作成方法の講座なども今後、企画していただけると嬉しいです。
 


ホームプチレッスン&プチサロングルメ情報江戸川区あれこれ&施設情報サークル情報公園ガイドブログ掲示板
Copyright (C) 2008 Four-Leaf All Rights Reserved